プロジェクト

共同研究プロジェクト ライアン・ジョセフ

採択課題名

古代吉備における製鉄の実態解明に向けた考古学・文献史学・地球科学的共同研究

メンバー一覧(氏名、所属)

ライアン・ジョセフ岡山大学・社会文化科学学域
光本順岡山大学・社会文化科学学域
鈴木茂之岡山大学・自然科学学域
野坂俊夫岡山大学・自然科学学域
今津勝紀岡山大学・文明動態学研究所
山本悦世岡山大学・埋蔵文化財調査研究センター
岩崎志保岡山大学・埋蔵文化財調査研究センター
池端慶筑波大学・生命環境系
長原正人日本鉱業史研究会
吉江雄太奥会津地熱株式会社

研究の概要

本研究の目的は、製鉄遺跡出土の製鉄原料と、周辺の露頭から採取した鉄鉱石試料を地球科学的手法により比較し、その関係性を検証することにより、古代吉備における製鉄原料の入手経路やそれを軸とした地域間関係を明らかにすることである。日本列島における最古級の製鉄遺跡は、古代吉備で多く確認されているが、鉄鉱石などの製鉄原料が、県内外を含め、どこからもたらされていたかが明らかにされておらず、それらの原料調達の集約性または多元性も不明のままである。すなわち、古代吉備において多大なる社会的・政治的意義をもつ製鉄開始は現象面として知られているが、その実態に関する理解が不十分である。そこで、遺跡出土製鉄原料と吉備地域の露頭に産する鉄鉱石の化学組成を比較する本研究を通じ、製鉄操業に至る実態解明を目的とする。また、考古学と文献史学の検討を通じ、古代吉備における製鉄遺跡の地域史への位置付けを試みることとする。以上により、本研究は、古代吉備における手工業生産の社会的・政治的実態に関する理解に大きな影響を与えることが期待される。

鉄鉱石産出露頭の調査