プロジェクト

共同研究プロジェクト 津守貴之

採択課題名

機能低集積地域の持続性に関する日台比較研究

メンバー一覧(氏名、所属)

津守貴之岡山大学・社会文化科学学域
北川博史岡山大学・社会文化科学学域
滕鑑岡山大学・社会文化科学学域
福重さと子岡山大学・社会文化科学学域
土岐将仁岡山大学・社会文化科学学域
西田陽介岡山大学・社会文化科学学域
佐藤淳平岡山大学・社会文化科学学域
天王寺谷達将岡山大学・社会文化科学学域
田代滉貴岡山大学・社会文化科学学域
蔡錫勲台湾淡江大学・日本政経研究所
胡慶山台湾淡江大学・日本政経研究所
小山直則台湾淡江大学・日本政経研究所
徐浤馨台湾淡江大学・日本政経研究所

研究の概要

現在、「フラグメンテーション」=生産工程の細分化とその国境を越えた分散配置が情報システムのグローバルな展開とグローバルなロジスティクス・システムの形成によって急速に拡大してきた。それによって産業集積パターンは空間的に大きく変化し、都市・地域は、これまでの機能集積をさらに強めるところ、新たな機能集積を進めているところ、空洞化に見舞われているかつての機能高集積都市・地域、ますます機能集積が低下するところに分化しつつある。本研究では最後のタイプの都市・地域における低集積化の加速のメカニズム・構図を経済・経営・会計・法制度とそこで活動する各主体から多面的に分析し、その空間的・歴史的展開を、日本の瀬戸内地域と台湾を対象として検討する。そして機能低集積地域が持続性を持ち得る条件・要因を機能低集積地域の潜在的コア・コンピタンスの顕在化とそれをつなぐ新たなインターローカル・ネットワークの構築の可能性を検証することで考察する。

コンテナを使った国境を越えたDoor to Door 物流