HOME / プロジェクト / 2024年度共同研究 / 2024年度共同研究プロジェクト 東野将伸

2024年度共同研究プロジェクト 東野将伸

採択課題名

地域歴史資料の研究資源化による岡山地域の地域史・医学史研究

メンバー一覧(氏名、所属)

東野 将伸岡山大学・社会文化科学学域
今津 勝紀岡山大学・文明動態学研究所
德永 誓子岡山大学・社会文化科学学域
松岡 弘之岡山大学・社会文化科学学域
久野 洋岡山大学・ノートルダム清心女子大学 文学部現代社会学科
加藤 明恵大手前大学・国際日本学部
松下 正和神戸大学・地域連携推進本部
天野 真志国立歴史民俗博物館
吉葉 恭行岡山大学・ヘルスシステム統合科学学域
笈田 将皇岡山大学・ヘルスシステム統合科学学域
松尾 俊彦岡山大学・ヘルスシステム統合科学学域
古俣 めぐみ岡山大学・ヘルスシステム統合科学学域

研究の概要

文明動態学研究所の文化財レスキュープロジェクトの一環として、岡山を中心とする地域歴史資料の保全方法の開発や利活用に関する基礎的な研究を継続するとともに、診療記録などの医学関係資料をふくめた多様な地域資料の復原と活用を通じて、主に岡山地域における地域史研究・医学史研究を行う。本研究では大きく①地域歴史資料の保全と活用に関する人間文化研究機構とのネットワーク事業に関連して、西日本豪雨などの災害による被災史料のレスキュー、教育プログラムの開発、②診療記録などの医学関係資料の整理と内容把握、将来の活用に関する基礎的な研究を行う。