お知らせ

今津勝紀教授の著書『日本古代の環境と社会』が刊行されました

今津勝紀教授の著書『日本古代の環境と社会』が刊行されました。日本古代における人間の生命・生存のあり方を基軸として、古代社会の特質を考えること、それらを規定するさまざまな自然的・環境要因との応答関係を明らかにしています。古代の家族、人口と社会の流動性、飢餓・疫病・地殻災害などの環境要因とそれへの王権の対応などを論じたものです。
http://rr2.hanawashobo.co.jp/products/978-4-8273-1337-6