活動

第12回「災害文化と地域社会形成史」研究会(特推C班)

2021年9月4日にオンラインで開催し、当日32名の参加がありました。一枚摺・ビラ・絵はがきといった多様な媒体が、どのように作成され、収集されるのか、長岡空襲・栃尾大水害などの事例をもとに、災害史料論の可能性が活発に議論されました。