プロジェクト

共同研究プロジェクト 木村理

採択課題名

寒風古窯産須恵器の産地同定法確立と生産流通復元にかんする文理横断型研究

メンバー一覧(氏名、所属)

木村 理岡山大学・文明動態学研究所
鈴木 茂之岡山大学・自然科学研究科
野坂 俊夫岡山大学・自然科学研究科
馬場 昌一公益財団法人寒風陶芸の里 寒風陶芸会館
森川 実(独)奈良文化財研究所都城発掘調査部考古第二研究
道上 祥武(独)奈良文化財研究所都城発掘調査部考古第三研究室

研究の概要

本研究の目的は、複数の理化学分析から寒風古窯跡群で生産された須恵器の産地同定法を確立し、その生産開始期における生産・流通状況を復元することである。

岡山県瀬戸内市に広がる寒風古窯跡群で生産された須恵器は、当時の宮都である奈良県・飛鳥藤原地域や平城宮にも搬出されていたことが文献史学の成果などから確実視され、古代の土器研究、ひいては国家成立期の手工業生産研究の中でも注目を集めてきた。

一方で、物質資料からその広域的な流通動向を跡づける作業、中でも寒風古窯跡群で本格的な生産が開始される飛鳥時代を対象とした実証的分析はほぼ実施されていない。その要因は、当窯で生産された須恵器の産地同定法が未確立であったためである。形態的な斉一性の高い当該期の土器に対しては、考古学的な型式分析のみならず理化学的な胎土分析が不可欠といえる。 そこで、本研究では複数の理化学分析な分析を駆使しながら、その成果を考古学的所見とマッチングし、寒風古窯跡群で生産された須恵器の生産流通動向を客観的に復元する。